嵐山展望台

こんにちわ motokoです

今日は予定もなかったので

自然散策へと「嵐山展望台」に行ってきました。

THE 大自然をのびのびと散策。

展望台で自分の住む町の景色を眺めつつ

写真を撮っていたら

森ガールの団体にカメラマンを依頼され

ガールズ達から渡されたスマホで

シャッターを押しました。

みなさんこんな私の写真でも

「素敵に撮ってくれてありがとうございます。」と

言われて嬉しかったです。

そんな今日の渾身の一枚。

のびのびと散策する様子が伝わればいいのですが。

遠近法?みたく撮ってみましたが

よくよく見ると登坂の風景なんですが

下り坂に見えたり。

カメラのディスプレイでみたら「よし!」と思ったのに

PCのディスプレイで見たら「あれれ?」と思ったり。

まだまだ修行だー!!


| motoko | 日常 | 17:46 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
参考文献がありましたので、リンクしてみますね。
http://www.kitamura.jp/photo/mamacam/2013/mc112.html
今回の場合、「作例2」のバターンと推測されますので、
どうした方がいいんでしょうね、、逆から(上から)お子さん
達を正面に撮る方向がより坂道を強調出来るでしょうか、、?
私も大した事は、この手のアングルは撮った事がないので
分かりませんが、、。
 パン(左右にカメラを振って)して被写体と比較できるもの
があれば一番判りやすいですよね。、、今回の場合は、両サイド
に木が邪魔しているんで、やはり逆から見下ろす方向でしょうか?
左側が麓でしょうか? そうだったら、左へパンすると少しは
分かりやすいかも。
ズームを望遠にしてみるのも面白そうですよね。

とにかくいろんな角度からプロも撮られていたようです。
後は自分のカメラでは、一つ撮るのに数回シャッターを
押してありました。(手ブレやアングルも考慮して)。
私も、帰ってから「再撮」に行ってました(笑)。
| 酢〜 | 2014/08/24 7:34 PM |
>酢〜さん

こんばんわ。
とっても参考になるリンクありがとうございます。
アドバイスも!!

今回の一枚。
反省すべきは子どもたちをもっと手前にして
坂道を強調した風に撮ったらよかったのかな?とも思いました。
確かに。木が邪魔している感じもわかります。


やはり被写体とセンス!!
が肝なんでしょう(;^ω^)

奥が深い、写真の世界。
面白いです。

写真撮影という名目で
出かける理由にもなりますし。
子どもたちも探検ごっこみたいで楽しんでくれてました(^^)/

連射などで何枚も撮っておりますが
まだまだベストな一枚
目指して頑張ります(^^)/

| motoko | 2014/08/25 12:39 PM |









http://mtk.sakura.hippy.jp/trackback/1234722